保険相談で貯蓄と保障のバランスを適正化する意味

ピックアップ

  • 家計の節約が重要

    カメラ目線の女性

    保険相談を行って毎月支払っている保険料を安くできないか検討することは、家計の節約につながります。様々な用途に使える現金という武器は何よりも強いため、空撃ちしていないか常に見直すことが欠かせません。

  • 必要な理由の考え方

    パソコンを見つめる男女

    保険相談を専門家に行うことで、今契約するべき保険商品がなぜ必要なのか、必要な理由の考え方について指導してもらうことができます。収入と貯蓄をいかにしてカバーするのか、それを考えるためには専門家からの意見が重要です。

  • インターネットで発見

    女性が紙に何か書いている様子

    保険相談の依頼は、今ではインターネットで簡単に相手を見つけることができるようになっています。オンライン上には地域のファイナンシャルプランナーを探すことができるサイトがあり、そこで頼れる相談相手を見つけられます。

有効に活用する必要性

女性二人と男性一人

必要性をまず理解

保険を見直しすることがいかに重要か、毎シーズンのように保険にまつわる雑誌や書籍が販売されることを考えると、おそらく重要だということはなんとなく分かるでしょう。
ですが、そもそも保険が必要なのかどうか、その段階からわからなければ、保険を見直す必要性があるのかどうかを考えることは不可能だといえます。
誰もが保険に入ることを一瞬検討するものの、よくわからなくて放置する、もしくはよくわからないけれどなんだか良さそうなものに入ってみる、そういった、明確な理由がないまま加入しているケースが多いです。
それは、保険が必要なのかどうかわからないまま、なんとなくきっと必要だから、必要そうな気がするから、それっぽいものに加入しておこう、という発想になってしまうからです。
保険に加入する理由はもちろん、将来に対して不安だから、安心が欲しくて加入するという理由がほとんどを占めるでしょう。
何のために保険に加入するのか、という観点で言えば、未来に起こる何かに対して、万が一のことに関して、きちんと備えておきたい、という理由があるはずです。
ただし、それならなぜ貯蓄をしないのか、というところまで頭を回さないと、余計なお金を支払ってしまうケースも少なくありません。
保険の本質的な意味は、これから来る何かに備える、という意味だけでは説明不十分で曖昧な理由です。
本当の必要性、それは自分の現状の財産で対応できないトラブルに対応するという目的にあります。
保険の見直しが必要なのは、果たして今の保険がないと、トラブルに対応できないのか?という問題がその時その時で変わるため、場合によっては貯蓄とのバランスを再構成するべきだからです。